前へ
次へ

家族葬に呼んでいない人が来てしまったときには

故人と親しかった人たちだけで、少人数で静かに見送ろうと考えて家族葬にしたけれど、一般の方が来てしまったということはあるものです。伝えたつもりが連絡が上手く伝わらなかったというのが、よくありがちなところです。しかし、あらかじめ弔問客の対応する状況を避けるために家族葬を選んだ場合には、予定外の対応が必要となり困ってしまうことになってしまいます。とはいえ、もし来てしまった人がいた場合には、追い返してしまったり断ったりはしないのがマナーです。弔問に来てしまった人も、まさか自分が断られているとは思わなかったと思うことでしょう。呼んでいない会社関係や知人などが弔問に来てしまうと、互いに気まずい思いをすることになるかも知れません。このようなことを避けるためにも、葬儀をすることを伝える際には「家族葬であり、近親者以外の人の参列や香典の受け取りを辞退する」ということを誤解されないように、明確に伝えるのが大切です。

Page Top