前へ
次へ

神社の儀式にはお宮参りなどがあります

住んでいる地域によっては、秋などの実りの時期になると、秋祭りを開催する所があります。現代は少子、高齢化が進んでいるので、お祭りの規模は小さくなっている所もあります。結婚を経験した夫婦は、待望の赤ちゃんを授かった人も多いです。赤ちゃんを授かったら、神社でお宮参りをすることがほとんどです。子供の健康や幸せを祈り、災厄から守るための大切な儀式です。神社によっても多少は違いますが、祈祷料は1万円前後の所が多いです。子供にとっては、七五三は大変重要な儀式のひとつです。大切な子供を病気や災厄から守り、健やかな成長を祝う大切な行事です。現代は七五三の当日は、写真撮影は行わず行事に参加したり、家族で外出をすることが多いです。女児の場合は赤やピンクなどの被布や晴れ着を着用することが多いです。男児の場合は羽織袴を着用したり、洋装の場合はタキシードを着用することがあります。子供の時期は短いので、家族でお祝いをしてあげたり、晴れ着の写真を遺してあげることが大事です。

Page Top